朝から武田双雲さんと岩本光弘さんの対談をお聞きして

先日から、



希望フェスAugustで岩本光弘氏のお話を聞かせていただいたり、


今朝は、Global Arigato Project Japanありがとうを世界に、の、クラブハウス200回記念で、


あの武田双雲さんと、光弘さんの対談を聞かせていただいて、



AWE❤️



な毎日です。


Global Arigato Project Japanさんの

こちらのお部屋は、火曜日、木曜日、土曜日は、英語部屋で日本時間朝の5:30-6:30

月曜日、水曜日、金曜日、日曜日は、日本語部屋で朝の7:00-8:00に開催されています。




今朝のお話も、本当にどれもアウトプットしたい内容が盛りだくさんだったのですが、全部書くと鼻血がでそうな程、バイブレーションが高いので、1つだけ選んでアウトプットします。



双雲さんが、


書を書かれる時に、



筆や紙や、ありとあらゆるものに感謝し、自分という存在が消えるとき、最高の書が書ける。



そんな風な事をおっしゃっていたのが印象的でした。



このブログは、AromaCatalystでトウーリーディングを発信しているので、そこにつなげていきます。






私たちは、この世界で、全体として存在しています。



そしてまた、私たちの体は、一つ一つの細胞が全体として存在しています。



右手の細胞は右手の


脳細胞は脳としての


全体の中の調和の中で存在していて、


急に、目にゴミが入ったり、