命についてのお話会

先日は、岩本光弘氏をお招きして、命についてのお話会、をオンライン開催させていただきました。


メルボルン、シドニー、サンディエゴ、日本、から10名ほどの方々にお集まりいただき、対話を交えながらのお話会でした。






今日は、特別に、ショートバージョンの、「ありがとう瞑想」 も、みなさんと一緒に行わせていただき、良い時間を過ごさせていただきました。



目が見えないという人生で、目が見える人より、「人を信じる・自分を信じる」、というシチュエーションが多くあられると思います。


女性性が取り上げられる今の時期、


私は、光弘さんに、男性の立場での、女性性についてお伺いしたいと思っていました。




一人一人の中に、女性性と男性性があります。❤️✨💙


つまり、自分自身の、BeingとDoing


どちらが欠けてもバランスが悪いですね。✨⚖️✨



自分自身と相思相愛になるには、バランスが大切。




目が見えないという今世の人生で、最初は、受け入れられなかった事が、


16歳で完全に全盲になり、


色々な時期を通り過ぎ、

ご自身の障がいを受容する事ができるようになり、

そして、ようやく他人からの援助を受け入れる事が出来るようになられたそうです。



“ご自身を全面的に受け入れる事”で、自分という存在への見方が変化されたそうです🍀✨


「他人に幸福感を与えるきっかけを提供している人としての自分」を受け入れるようになった瞬間でもあられたそうです。