檜

chamaecyparis obtusa

ヒノキ科ヒノキ族

 

抽出部位 木心部

抽出方法 減圧温熱循環式

原産国:日本・奈良吉野

 

 

 

 

AromaCatalystでは、奈良県吉野町、神宿る 大峰山の麓で伐採・蒸留された檜精油を使用しています。

吉野町は奈良県の南約半分を占める山々に囲まれた林業の町です  吉野町ホームページはこちら

吉野町にはたくさんの製材所がありますが、各々木の専門があります。たとえば、杉の専門、クスノキの専門などです。こちらの製材所は創業当初より檜を専門とされています。

檜を植樹するためには、間伐する必要があります。

間伐材は、木の成長促進のために間引きされる木のことで、間伐した森には陽光が入り、下草が茂り、森の役割(水源・表土保全・大気浄化)が得られます。間伐が遅れると、立派な木に育たず、炭酸ガスの吸収量も落ちます。

ほとんどの木は建築材として使用されますが、こうして間伐された木も、工芸品を作ったり精油を蒸留したりして使用されます。
木を切って精油を蒸留する事も環境を守るのにとても有効な方法と言えます。

 

吉野町では戦後の復興期から人口の増加と共に、建築ラッシュが進み、たくさんの木材が消費されました。

しかし生活様式が一変、和室が無くなり木材の需要が30年で5分の1まで激減しました。

加えて、外材の輸入が緩和され国産材に打撃を与えました。

国は輸出に頼る中、国策として外材の輸入を推進し、外国の大木が大量に輸入され、価格競争が激化し、森林に携わる職人さん達が職を失い、技術も承認されず、どんどん山は荒れて行きました。

 

その中で 木の有効利用を考えて 材木 樹液水 精油 おが粉など いろいろ工芸品もしながら 販路開拓、事業展開されています。

 

 

和名の「桧」はヒノキ 「火の木」に由来します。古くはこの木をこすり合わせて火をおこしました。その他 「日の木」「霊の木」を意味する等の諸説もあります。檜は本州福島県以南に分布する日本固有種の常緑高木で香りが良く、耐久性が高いことから古くから建築材として利用されてきました。世界最古で最大の木造建築である奈良の生駒郡斑鳩町にある法隆寺は檜で出来ており1300年たった今も立派に維持されています

 

桧には フィトンチッド(phytoncide)の代表的な成分である、モノテルペンアルコールのα-ピネンが豊富に含まれています

フィトンチッドという言葉は森林浴でよく耳にするため癒しを連想させますが、語源を辿ると、phyto(植物)、Cide(殺す)の造語です。木はその土地に根を出して生育しているため、害虫が来ても逃げる事はできません。そのため、自ら害虫と思ったものに攻撃を仕掛けるいわば武器として光合成によって作られます。

しかし、これは人体にはとても有益な効果をもたらします。

lifeandbeautifulの吉野・檜精油はこのα-ピネンが約38%以上含まれています。α-ピネンには抗菌・防虫効果、消臭・脱臭効果(空気の浄化)リフレッシュ効果などがあると言われています。又免疫向上作用、血圧降下作用、減肥作用なども報告されています。柑橘系の精油に多く含まれ消化促進作用のあるリモネン、中枢神経抑制作用、神経バランス回避作用、鎮痛作用、血圧降下作用などがある酢酸リナリル、抗炎症作用やPMS(月経前症候群)緩和作用のあるβ-カリオフィレンなども検出されています。

 

昔から日本人は檜風呂や檜で作られた家を好んできました。

それは、檜が発する遠赤外線がエネルギーの高いところから低いところへ流れ、人々を癒してくれる事を経験上知っていたからなんですね。

又、中医学では檜の精油は肺に当たります。チャクラでも第3チャクラに当たり、檜は「気」を補い「気」のバリアを張り巡らせて免疫力を高めます。肺を開き呼吸を楽にします。

 

成分表「吉野檜精油」成分

検査方法:GC-MSによる定性分析

ロット番号:121108

 

αーピネン 38.27%

βーピネン 3.57%

ミルセン 3.17%

D-リモネン 4.71%

p-シメン 0.57%

 

比重(20℃) 0.883

屈折率(20℃)1.48

 

 

 

 

 

 

心への作用

すっとまっすぐ、長く成長するヒノキの様に、私たちにもまっすぐ夢に向かって進む力や、成長するパワーをくれる香りです。強壮作用と鎮静作用をあわせ持ち高いリラックス効果と共に前向きに進みエネルギーを沸かせてくれます。静かに自分と向き合う時間をくれます。

 

  • 抗炎症作用

  • 皮膚強壮作用

  • 老化防止作用

  • 創傷治癒作用

 

 

 

体への作用

抗菌、脱臭作用、血行を促進させむくみを予防

  • 抗菌作用

  • 鎮静作用

  • 血行促進作用

  • 頭痛・生理痛・筋肉痛の緩和

  • 月経不順・PMSの緩和

  • 鬱滞除去作用

  • 消化促進作用

  • 強壮作用

  • 鎮痛作用

  • 免疫強化作用

  • 細胞収縮作用

  • 森林浴作用

  • コーチゾン様作用

その他

 ・防虫

 ・消臭

 

使用方法

檜精油

・お風呂に5.6滴、足浴桶に3.4滴いれて、簡単に檜風呂を楽しんで頂けます。

・コットンに精油を数滴垂らしクローゼットの中に。檜の良い香りと共に防虫します

・アロマポットなどでお部屋に香りを拡散。お休み時は檜の香りが深い眠りを導き、日中は仕事場やリビングで凛としたやる気を起こさせてくれ、玄関などは脱臭作用と共に浄化してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • w-facebook

​Sydney, Australia